レシピ

<フィオーレ特製> カルボナーラの作り方(レシピ) みんなで作ろう!!

材料(1人前)
・ベーコン
・バター
・生クリーム
・パセリ
・卵黄
・粉チーズ
・塩、黒コショウ
・スパゲティ

以上を準備してめん(麺)をたっぷりの湯に入れて Let's go!!



①鍋にバターとベーコンを入れてコゲ目がつくまで炒めるベシ!!



②生クリーム、粉チーズを入れ、塩コショウで味付を!!



③湯で上がった麺を鍋に入れたら卵黄を入れて全体をまぜる、まぜる。(火を入れすぎない様に!!)



④さぁここまで来たらもうすぐだ!!おなかもへって来てるはず。



⑤おいしく盛り付けてね.....



⑥パセリをふって出来上がり。~ご苦労様でした~
\(^v^)/ いっただきまーす。

Mozzatella Fresh Cheese PIZZE FATTE IN FIORE ピッツァのレシピ

Mozzatella Fresh Cheese

PIZZE FATTE IN FIORE

・超高温の窯でパリッと焼く専門店のPIZZE
1~2mmほどのごく薄い生地に、色々なトッピングをのせて焼いたピッツァは意外なほどあっさり、さっぱり味の仕上がりです。
高温の窯でさっと焼くことで得られる香ばしさと軽やかな口当たりは、ピッツァの究極の味と言えるかもしれません。
ピッツァの本場ナポリでは、ピッツェリアでも厚手のものが主流ですが、ローマをはじめとするイタリア各地に定着しているのはこの薄型タイプ。短時間で焼ける上に、おなかがもたれず見た目に反して、一度に何枚も食べられます。

モッツァレラチーズとバジルがたっぷり



サラミをおいて盛り付けは出来上がり。あとは焼くだけ。





プロシュート(生ハム)をたっぷり.....おいしそう。



プロシュート(生ハム)ピッツァ たっぷり生ハムかなりうまいですよ。 <贅沢系ピッツァ>

手作りパンのレシピ

1. ミキシング (仕込み)
材料を混ぜて生地を作る。
こね時間  ・・・・・10分~15分
こねあげ温度・・・・25℃~28℃



2. フロアータイム (発酵)
パン特有の風味を作る。弾力性のある生地にし、食感をよくする。
発酵時間  ・・・・・ 30分~120分



3. 分割・丸め
生地の重量を正確に量り、切り分ける。きれいに丸め、整型がスムーズにできるようにする。



4. ベンチタイム
   生地がよくのび整型がきれいに出来るように、生地を休ませて少し発酵させる。
30℃の醗酵室で10分~20分 (湿度70%)



5. 整型
手均にガスを抜き整型する。



6. ホイロ
30分~60分発酵する。
発酵温度・・・・26℃~38℃
湿度・・・・70%~80%





7. オーブン焼成
食パン・・・・210℃~220℃  40分~50分
菓子パン・・・180℃~200℃  10分~15分



8. 焼き上がり
  フロアーにて陳列・販売

<フィオーレ特製> ボンゴレロッソの作り方(レシピ) みんなで作ろう!!

spaghetti alla vongole rosso spaghetti alla vongole rosso

殻付のアサリ(ボンゴレ)で作るSpaghettiです。ビアンコはイタリア語で白いという意味で、トマト味になるとボンゴレロッソ(赤)になります。あさりからうまみとともに塩分が出るので必ず味を見て調味します。

材料(1人前)
・スパゲティ
・にんにく
・唐辛子
・オリーブオイル
・白ワイン
・トマトソース
・バジル
・塩
・ブラックペッパー



①鍋に(フライパン?)にんにく、タカのつめ、オリーブオイルを入れて、にんにくがキツネ色になるまで炒めます。



②火を一度けして、白ワインを入れ、火をつける......そして、アサリを入れます。(アサリを入れたら湯で汁を約90cc入れて下さい。)



③アサリの口があいたらトマトソースを入れます。



④麺がゆで上がったらフライパンの中に入れます。



⑤バジル、塩、黒コショウで味付けを!!



⑥あなたの感性で盛り付けてね!!



⑦おいしく出来上がり ~ご苦労様でした....~
あなたもこれでコックさん